山年園の菊芋茶を実際に飲んで検証してみた

この記事では、実際に山年園の菊芋茶を購入し、詳しく検証しました。
これから山年園の菊芋茶の購入を検討している人はぜひチェックしみてくださいね!

山年園の菊芋茶を実際に購入して検証レビュー

ネットにある口コミ情報も気になりますが、大切なのは実際に飲んだ際の評価だと思います。
ここでは、実際に山年園の菊芋茶チィーパックタイプ(2.5g×15パック)を購入し、

美味しさ
原材料
使い勝手の良さ
コスパ
上記4点について検証をしていきます!

【美味しさ】ほのかな甘味の美味しい菊芋茶

急須にいれて数分間待ってから菊芋茶を飲んでみました。
菊芋の良い香りと、ほのかな甘味のある菊芋茶だと感じました。
普通のお茶と比べると香りや味などは、あまり有りませんが、さっぱりしていてクセがない味で、食前・中・後とタイミングを気にせず飲むことができます。

【原材料】無農薬長野県産の菊芋を使用

原材料を確認すると、菊芋(長野県産)と記載があります。
また無農薬で栽培されているので、安心して飲むことができます。

【使い勝手の良さ】ティーバックタイプで使いやすい。

1回分2.5グラムのティーバックタイプで、スプーンなどで計量する必要がないので、使い勝手はとても良いです。
急須やコップに1袋入れ、お湯を注ぎ数分ほど待てば、簡単においしい菊芋茶が作れます。

菊芋茶は茶がらも食べることができるので、最後まで使い切ることができます。

【コスパ】1リットルあたり約282円

山年園の菊芋茶のコスパを計算すると1リットルあたり、約282円でした。
※2019年6月1日のamazon販売価格1480円(税込)、ティーバック1つで350cの菊芋茶を作る場合で算出

他の商品と比較しやすいように1リットルあたりで計算すると、少し割高な印象を受けますが、小分けになっている小さめサイズのティーバックタイプなので、少量を複数回作りたい方にとっては、とても使いやすいと思います。

結論:国産無農薬の菊芋茶を飲みたい人におすすめ

山年園の菊芋茶は、国産無農薬の美味しい菊芋茶ということがわかりました。
長野県産の菊芋を使用し、ティーバックタイプになっているので、急須を使わなくてもカップで直接つくることもでき、簡単に菊芋茶を飲むことができます。
海外産のものは不安・・・
と言った方も、国産無農薬の菊芋茶は安心して飲めるので、おすすめできます!

まとめ

山年園の菊芋茶の検証結果をお届けしました。
ティーバックタイプの菊芋茶は自宅で簡単に作れるので、気軽に飲むことができます。
美味しい菊芋茶を手軽に飲みたい方はぜひ試して見てはいかがでしょうか?